自作の小説(ノベル)・歌詞・詩(ポエム)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

心火

作詞: Inamaru

時が止まる前に 伝えたい事がある
涙も流さずに 真っ直ぐ見つめているから

つないでた手は いつしか離れてしまった
もうここに戻れなくても 大きく息を吸い込んで
一歩踏み出せればいい

退屈な日々 ただ過ごして
ここまで歩き続けてきた

ためらう事も 忘れていたよ
すべて受け入れるだけだった

「変化」が怖くなって 片隅に追いやってたけど
この空っぽの 掌にいま もう一度取ってみようか
重すぎるかも知れないけど

※サビ※
熱くなっていく心は 今の僕には痛すぎて
途中で捨ててしまいたくなる いつもそうさ

終わりを望んでなどいない でも きっとこの先も
暗闇を歩いていくんだろう
※※

喧騒の中 一輪の花
とても鮮やかに咲き誇ってた

いつもはただ 通り過ぎていたけど
ふと今 立ち止まってみる

静寂な日々 ただ過ごして
ここまで歩き続けてきた

声を張り上げ 叫ぶことも
虚しく感じるだけだった

「幻想」が怖くなって 片隅に追いやってたけど
この空っぽの 掌にいま もう一度取ってみようか
その場しのぎかも知れないけど

※サビ②※
熱くなっていく心は 今の僕には痛すぎて
途中で捨ててしまいたくなる いつもそうさ

幸せを望んでなどいない でも きっとこの先も
希望一つも持つ事は無いんだろう
※※

目の前の現実 飲み込むには
力がいるんだ 今の僕には大きすぎて

息が詰まるほどの 高い壁を超えた先には
何が見えるか どんな景色か 確かめたくなる

そこにあるのが 光でも闇であっても
たぶん僕は 受け入れるしかないんだろう

選んでる余地はもう無いんだろう

※サビ③※
熱を帯びてく心は 今の僕には誇らしすぎて
途中で捨ててしまいたくなる でも捨てる事は無いだろう

終わりを望んでなどいない でも きっとこの先も
暗闇を歩いていくんだろう

熱くなっていく心は 微かに光ってく
この先の闇を照らしてくれるのか

幸せを望んでなどいない ただ ひとつ願えるなら
遠く遠くこの心の 火が届きますように

遠く遠くこの心の 火が広がっていきますように
※※

※この歌詞"心火"の著作権はInamaruさんに属します。

作詞者 Inamaru さんのコメント

かなり久々の歌詞投稿です^^;
よろしければ覗いていって下さい!

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)